出会い

恋人の出来ない人に見られる3つの特徴

恋人の出来ない人に見られる3つの特徴

ではここで恋人の出来ない人、結婚出来ない人の特徴を考えてみましょう。

①忘れられない人がいる
②不倫している
③出会いがない
ほとんどこの3つの要素に集約されると思われます。
中でも目立つのは①で、かなりの人の原因になっているようです。
忘れられない人がいるために、捨てられない過去があるせいで、行動力を奪われている
人。こうした人たちの多くは過去にしばられることによって、新しい出会いを敬遠する傾向を持っています。

恋愛とは行動の変化であり、結婚とは環境の変化です。
先に述べましたが、過去にこだわっている人の部屋は本当にモノが多い。
大切な思い出だからといつまでもとっておく。
忘れられない人を断ち切るのは、とにかくモノを捨てることです。
出なければ出会いも実りません。

「捨てられない過去」を捨てるべし

生まれてきた赤ちゃんがどんな異常を持っているかは、いつ風疹にかかったかによって違います。
というのは胎児の器官の形成時期が異なるからです。
このような先天異常を防ぐためには妊握則に風疹に対する免疫があるかどうか風疹抗体価検査を受けておくことが大切です。
この頃は女子中学生の希望者に対して行われるようになりましたが、実際には妊娠がわかってから、風疹抗体価検査を受ける場合が多いわけです。
これから妊娠しようとする人は、前もって調べて、風疹に対する免疫がないとわかれば(風疹H1価が8倍未満)、ワクチン接種を受けます。
その値が8倍以上なら、陽性で、以前にかかって、風疹に対する免疫を持っており、妊娠しても心配ありません。

出典:マッチドットコム口コミ

理想の結婚は王道を行く恋愛から

理想の結婚は王道を行く恋愛から

行動力が理想の相手を見つける鍵と言われても、私はすでに十分行動してきた、でも恋
愛できなかった、と感じる女性も中にはいることでしょう。

自分の潜在意識と実際の行動をつなごうとするとき、占いが役に立ちます。行動できな
くなっているのはなぜか。そこには潜在意識、つまりトラウマが働いていて、あなたの意
欲を奪っているのです。行動をはばむトラウマを知るのが占いの役割になります。

ほとんどの場合、やってもダメ、やってもダメの繰り返しが、トラウマになっているパ
ターンが多い。本人は頑張っているつもりなのに、なんでダメなんだろうと。

まず知っておくべきは、理想の男性と結婚している人は、恋愛の王道を歩いてきたとい
うことです。理想の相手と結ばれたのは出会いが多かったからであり、それはそれだけ男
性と接している人なのです。結婚式のあいさつでは新郎との劇的な出会いしか話しません
が、実は3人ぐらい候補のいた人がほとんどです。ヘタに遊んでいると、かえって良縁を
逃がすかも、なんて考えは捨てましょう。

理想の業界、理想の環境へ行ったからこそ、素敵な出会いがあったのです。

恋愛の王道は出会いしかないと知るべし!

妊娠の前に受けておいたほうがよい検査はありますか
妊娠する前に、風疹の抗体検査、ペットを飼っているならトキソプラズマに対する検査を受けておくと安心です。
●風疹の抗体検査11風疹は三日ぱしかと呼ばれ、乳幼児がかかれば軽くすみますが、大きくなってかかると、やや重くなります。
と同時に妊娠初期にこの風疹にかかると、風疹ウイルスはおなかの中の胎児に影響を与え、先天異常(心奇形、目、耳の異常など)の原因の一つとなります。

出典元:

過去を断ち切って先へ進む方法

過去を断ち切って先へ進む方法

もしあなたが自分の世界に閉じこもっているとしたら、あなたが「私」を外へ積極的に
出して行く方法には、まだ他にも大切なものがあります。これもすごく簡単なことです。

お部屋の整理整頓。

特にいらないモノを捨てることは重要です。

部屋にモノが多いのは、過去を引きずっている表れ。実際、お金持ちの家は意外とモノ
が少ないのに驚きます。

着なくなった服は、とにかく全部捨てる。下着も全部捨てる。過去の下着には自分の「気」
が移っていますから、いつまでもとっておくと運気が開けません。同様に布団やシーツを
変える。カーテンの色を変える。部屋の色や雰囲気が変われば、恋愛行動力のスイッチが
オンになります。そうすると知らず知らずのうちに、モテないとの思い込みから、モテる
人になれる行動パターンに変わります。

まさに捨てることによる整理整頓とは、出会いを見つけようという日常に変えていくことなのです。

部屋の整理整頓がモテる女への行動力を生む

30歳からの出産ですと、特別な検査がありますか
一般的な検査のほかに、初診時に子宮ガンの検査をするところがあります。訓歳、とりわけ35歳近くになっていれば子宮ガンに注意しなければならない年齢とされているからです。
内診して、子宮膣部や頚部の細胞を採り、細胞検査(スメァ検査)をします。結果がわかるまで、約2週間ぐらいかかります。検査期間は施設によっても多少違います。
そのほかは、通常の検査と同じです。
高年出産だけではありませんが、高年出産に多い妊娠中毒症や貧血などの予防・治療のためには、特に6ヵ月と8カ月の健診は怠ってはいけません。
貧血は5力Ⅱごろに現れなくても、6カ月ごろに、急に出てくることがあり、次第に悪化します。また、妊娠中毒症が出やすいのは8カ月ごろです。
もし、貧血や中毒症が8ヵ月の健診でみつかれば、出産までの2.3カ月の間に治すようにします。軽いうちにみつけて治すために、8カ月の健診が重要なのです。
自治体の無料健診はこのために行われるわけです。

出典元:安心出来る 出会系